スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小人の世界へ行ってきました。

今日は大雨の降る中、そそくさと松山まで。

前売り券を勇んで買って、行こう行こうと思っていたら、
うっかり最終日になっていた「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」
最終日に慌てて行って参りました

▼なぜ、全国に先駆けて愛媛開催なのかは未だに謎です。
ehimekenbi.jpg


まず、長蛇の車列に遭遇し、駐車場に入れない。
5分待って、諦めて、三越のパーキングに入れ、歩いて行きました。

そして、入場券売り場も長蛇の列・・・
前売り券持ってて良かったと、入口に向かう。

が、入場できるまで20分待ちですとのアナウンス。

入場しても、人があふれかえっていて、
何が何だかわからない間に人の流れに従って、出口へと言う感じでした。


でも、細部までこだわってて、マニアックな細工までされてました。

例えば、使用済切手の消印が「松山中央」だったり、
壁紙に使われているのがココアとかワインとかのラベルや高島屋の包装紙だったり、
今や懐かしのマルカワの当たり付きのガムの当たりくじだったりと
いろいろ細かいポイントを探すのも面白かったです。

リアルなバッタさんやリアルなゴキちゃんにも出会いました。
触角とか動いていて、こんなでかいバッタとゴキに出会ったら
キモ過ぎて、確実に失神するわと内心思ってしまいました。

あっという間にアリエッティのお宅訪問を終え、
映画美術監督の種田陽平さんの過去に関わった映画の参考資料の展示もありました。

帰りには三越のアフタヌンティーで水出し用のフレバーティーを買いました。

明日の手芸部に持って行って飲もうかなと思っております。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。